信じるか信じないかは・・・、あなた次第です・・・
あんてなヘッドライン
まとめヘッドライン

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
はてなブックマークに追加 

どの心霊スポットと比較しても妙見山以上に怖い場所はない 

280 :名無しの愉しみ:2010/01/26(火) 20:38:27 ID:61KUbiGF
昨年から様々な心霊スポットに私は挑戦してきました。
滝畑ダム、犬鳴山トンネル、笠置観光ホテル、天ヶ瀬ダム…。
しかし、どの心霊スポットと比較しても妙見山以上に怖い場所はないと思うことになったのは今年の6月24日のことでした。
この日は友人4人(烏丸、ハリー、みむ、ヘタレギャル男)でした。
妙見山に行く前に京都の老ノ坂トンネルや首塚神社に立ち寄りテンションもかなり上がっていました。
まぁ…このときにはたいした霊現象も確認できませんでした(オーブ程度でした) 。
烏丸は少しこの結果に不満(?)だったので他の同行者に妙見山に行くことを提案しました。
この日までに既に3回経験している妙見山…ここならなにか収穫がある確信が私にはありました。
京都市の北から豊能の妙見山までは2時間ほどかかり到着(同行者ハリーが右折ばかり指示してきて無茶苦茶なとこばかりまわってしまったため)。
時刻は午前2時30分…少しきつい雨のため同業者は一人も見当たりません。
とりあえず野間トンネルからスタート…以前ここで男の霊を見て金縛りに遭うことがありましたがこの日は何一つ起こらなかったです。
雨がただひたすら降り暗いトンネルの先があるだけでした…。
野間トンネルでは収穫なしで仕置き場へ…しかしハリーが持ってきたと言っていた懐中電灯がなく潜入を断念…何時も仕置き場はトラブルが起こります…。
仕方がなく一庫ダムまで抜けようかと考えましたが、妙見山の山の上にはまだ行ったことがないなぁと思い車をUターンさせて妙見山のケーブル乗り場のある場所まで向かいました。
向かっているうちにどんどん不気味な霧がでてきていつガードレールに激突するかってぐらい怖い状態が続きやっとの思いで妙見山のケーブル乗り場付近に着きました。


281 :名無しの愉しみ:2010/01/26(火) 20:39:05 ID:61KUbiGF
鳥居や観光案内所みたいな建物がありあまり心霊スポットって感じがしなかったのですが近くにある公衆電話とトイレが妙に怖い雰囲気を出していました。
それに私の右腕に原因不明の激痛がここにきて襲ってきました。
『あかん、ここ下手したら野間より強いかも…それでも車から降りる?』
私は他の同行者に聞いてみると…他の同行者達もあまりいい気分のする場所でなかったらしく降りないという答えでしたが、一人どうしてもトイレを我慢できないヘタレギャル男が公衆トイレに行くと言うのでそいつだけ下ろし車をターンさせて待ちました。
暫くしヘタルギャル男が帰ってきて突然青い顔をして『なぁ烏丸?お前トイレの近くまで歩いてきたか?足音近づいてきたんやけど』と聞くのです。
勿論私は車からはなれていないです。
そして他の2人も降りていない…第三者の存在はないと…なると考えられるのは…。
『それにあのトイレ気持ち悪かった…個室には人の気配するし鏡からは視線感じるし…なんかついてきたかもわからん』
それを聞き私はすぐここを離れるべきと思い、車をスタートさせようと思いアクセルを踏みました、そのときに助手席側の窓に黒い影が見えたのを確認しながら…。
山頂の公衆トイレ…。
ここもなにか見えざる存在の住処になっているのかもしれません。

戦後日本オカルト事件FILE (ムーSPECIAL)

学研パブリッシング
売り上げランキング: 411,036


 [ 2016/10/04 23:00 ] 心霊スポット | トラックバック(-) | CM(0)
はてなブックマークに追加 
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


おーぷん2ちゃんねる
一言(*´∀`)
今日読んだ記事。


ついったーでマトメダス

リンクとかの事はこちらに
あばうとほんわか2ch
amazon
最恐スポット&心霊地帯探検!!

本当に存在する投稿!恐怖心霊動画第3号

ほんとにあった!呪いのビデオ16

震災後の不思議な話 三陸の怪談

倭国と日本古代史の謎 (学研M文庫)

眠れないほどおもしろい「聖書」の謎 (眠れないほどおもしろいシリーズ)

ニッポンの不思議スポットTHE BEST―決定版 (ミリオンムック 60)

最新記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
カウント取得用


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。