信じるか信じないかは・・・、あなた次第です・・・
新着情報
まとめヘッドライン

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
はてなブックマークに追加 

妹は所謂、「見える体質」だったらしい 

686 :本当にあった怖い名無し:2007/09/07(金) 20:59:22 ID:epLc+39j0
俺が高校生、妹が中学生の頃の話だ。
妹は所謂、「見える体質」だったらしい。
残念ながら俺は見えないので「らしい」としか言えない。
妹は家族で旅行すると、「女の人がこっちを睨んでる」だの「白い人が追いかけてきた」だの言って俺の後ろに隠れていた。
ある日曜日のことだ。
両親が出かけ、家には俺と妹しかいなかったときに、妹が悪霊に取り付かれた。
白目を剥いて何か意味不明なことを叫びつつ、兄である俺の血を飲ませろと要求してきた。
当然俺は断った。
妹に取り付いた悪霊は、肉親である俺の血を飲ませなければ妹の魂は永遠に戻ってこないと言った。
俺は、少し考えてから、覚悟を決め、妹の両手を掴みベッドに押し倒した。
真剣な眼をして見つめてやったが悪霊に取り付かれた妹は離せ!呪い殺してやる!と叫んでいた。
俺は「実はな・・・俺、お前のことずっと好きだったんだ」と真剣な表情で言った。
すると妹に取り付いた悪霊が動揺し始めた。作戦通り。
無理やりキスしようとすると、妹は「やだ!ちょっと待った!ごめん!ごめんなさい!」と妹のフリをしてきた。
俺は「魂が戻ってこないのならせめて身体だけでも俺のモノにしたいんだ」と言いつつ抱きしめてやると、妹は「ごめん!マジやめて!もう治ったから!お願い!」とかなりの抵抗を示した。
俺は妹を解放してやった。

あれから5年が経った。
あれ以来、妹が幽霊などを見ることは無くなった。
最近、幽霊見ないの?とたずねるとなぜか顔を真っ赤にして「ぎゃー!言うな!!!」と言いながら叩いてくる。
ちなみに、あれ以来、妹は俺と二人きりになろうとしない。

妹が変態で…困る!
 [ 2011/06/19 17:04 ] ほんわか2ch短レス | TB(0) | CM(13)
はてなブックマークに追加 
なんとコメントすればいいの?
※90946 [ 2011/06/19 17:28 ] [ 編集 ]
妹さん中二病だったんだね
治って良かったねw
※90947 [ 2011/06/19 17:48 ] [ 編集 ]
テラナツカシスwwwww
いつ見てもニヤニヤするwwww
※90948 [ 2011/06/19 17:50 ] [ 編集 ]
ニヤニヤできねえ・・・キモすぎる
※90949 [ 2011/06/19 18:13 ] [ 編集 ]
※90947
代償がw
※90950 [ 2011/06/19 18:23 ] [ 編集 ]
若気の至り
※90951 [ 2011/06/19 18:42 ] [ 編集 ]
若いうちに治療できてよかったじゃないか
いい兄だ(棒
※90952 [ 2011/06/19 18:54 ] [ 編集 ]
×=妹は所謂、「見える体質」だったらしい
○=妹は所謂、「厨2病」だった

これでおk?
※90953 [ 2011/06/19 19:47 ] [ 編集 ]
読みとる能力と想像力のないアスペには、これでも難しい
※90956 [ 2011/06/19 21:01 ] [ 編集 ]
妹は厨二病だったってことだな
※90959 [ 2011/06/19 23:07 ] [ 編集 ]
兄貴の完勝。
※90963 [ 2011/06/20 00:18 ] [ 編集 ]
これ、影羅Part2のコピペだよね?
※90965 [ 2011/06/20 01:11 ] [ 編集 ]
このコピペって改編されてる?
※90967 [ 2011/06/20 01:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


おーぷん2ちゃんねる
一言(*´∀`)
今日読んだ記事。


ついったーでマトメダス

リンクとかの事はこちらに
あばうとほんわか2ch
amazon
最恐スポット&心霊地帯探検!!

本当に存在する投稿!恐怖心霊動画第3号

ほんとにあった!呪いのビデオ16

震災後の不思議な話 三陸の怪談

倭国と日本古代史の謎 (学研M文庫)

眠れないほどおもしろい「聖書」の謎 (眠れないほどおもしろいシリーズ)

ニッポンの不思議スポットTHE BEST―決定版 (ミリオンムック 60)

最新記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
カウント取得用


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。