信じるか信じないかは・・・、あなた次第です・・・
新着情報
まとめヘッドライン

越中井戸から南に、歴史の散歩道がつづいてるのよ。 

287 名前:ねころびん[sage] 投稿日:03/12/18(木) 01:37
越中井戸から南に、歴史の散歩道がつづいてるのよ。
大阪市内にいっぱいあるけどお勧めはこのコース。足元のタイルに目印がある
から辿っていけば千日前まで行ける筈。途中、教会や、真田山なんてオカルト
スポットがあるけど、今回はK堀の話をするよ。


288 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・[] 投稿日:03/12/18(木) 02:12
続きは?

 [ 2016/09/30 21:09 ] 心霊 | トラックバック(-) | CM(0)
はてなブックマークに追加 

県内でも有名な厄除け神社に寄ってきた。 

218 名前:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/08/12(金) 21:10:22.04 ID:z32qmWs60.net
どこに書けばいいのかわからず、一番それっぽいかと思ってここにカキコ

最近ロクなことが続いておらず(仕事でミスは当たり前、注意してても不測の事態が起きたり、キチガイが俺に向かって家の外から夜中に怒鳴り続けてたり、
死んだ親父が夢に出てきたり友達と喧嘩したり、体調崩したり、手足の痺れや肩の痛み、幻聴など。水分補給もしっかりしてるし職場はクーラー聞いてるので熱中症ではない)
精神的にも参ったもんで、県内でも有名な厄除け神社に寄ってきた。
いつも通り体は重く、藁にもすがる思いで神社に向かって歩いていたんだが……

・神社に近づくにつれて酷くなるだるさ、眩暈
・神社の駐車場を通った辺りで「やめろ!」と怒鳴り声。何事かときょろきょろあたりを見渡すものの、怒鳴ったと思われる人物は見つからず、通行人も皆全く気にしていなかったので幻聴? もしくは既に地域で有名なキチガイ
・鳥居をくぐって暫く歩くと、両腕が痺れ感覚が無くなる。鳥居を抜けたら戻ったけど。
因みに荷物はリュックのみで、腕が痺れるような重いものや変な持ち方をしているものは無かった。
・お参りを終えて帰ると、さっきよりも体が軽く感じた。プラシーボ効果と言われてしまえばそれまでだが。

上記の通り、怖くはないので職場やTwitterなんかでドヤ顔して語れるほどのものではないけど、どこかに書きたかったので場所をお借りしました。

つっても、帰ってからまた耳元で知らん男の声が聞こえたから本当に一瞬だけ離れたのか気の所為だったのかもね。

超常現象の正体 (別冊宝島 2505)

宝島社 (2016-09-26)
売り上げランキング: 40,557

 [ 2016/09/30 19:09 ] 不思議 | トラックバック(-) | CM(0)
はてなブックマークに追加 

とあるマンションで怪奇現象が多発してマンション住民を悩ましていた 

244 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・[] 投稿日:03/12/06(土) 13:19
とあるマンションで怪奇現象が多発してマンション住民を悩ましていた
建物があります。
深夜のTV番組にも取り上げられていました。
番組の中で怪奇現象が起こるマンションと言う事で、
進行役の男性タレント(関西で有名)とそのマンションに向かいました。

体験した一般女性は気味が悪いからマンションに行きたくないと言っているのに
嫌々案内させていました。
マンションに到着するまでの間、車中で女性の友人(案内人の友人が元マンション住人)
に連絡をとって詳しいマンションでの出来事を聞き出していました。
マンション到着後にわかる事ですが、友人の話によるとそのマンションで女性の
飛び降り自殺があって、浮かばれない女性の霊が様々な現象を起こしているようでした。
女性が飛び降りた場所に近づくと怪奇な現象が発生男性タレントも逃げ出すほどで、
都会の中でも心霊現象が発生している場所が知られていないだけであるもんだと
身近に感じて怖くなりました。
今でも現象は続いているのでしょうか・・・


250 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] 投稿日:03/12/10(水) 06:33
>>244
それ、京都のマンションの話だろ。

実録 あなたの知らないオカルト業界
三浦 悦子
彩図社
売り上げランキング: 262,785



 [ 2016/09/30 12:04 ] 心霊 | トラックバック(-) | CM(0)
はてなブックマークに追加 

そこで彼は見たらしい。 

207 名前:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/08/12(金) 15:31:19.34 ID:fmPK7Xx20.net
俺の家近くで、国道と県道が交差している。県道の先に橋がある。その橋を渡りまっすぐに行くと、第三次救急病院がある。
県内からでなく、近隣県からも運ばれるので患者の死亡率は高い。
その病院に纏わる怪談も少なくない。
その道では救急車を見ればさっと避けるのが常識で、珍走団でさえ例外ではない。

困るのがこの時期で、観光客はそんなこと知らないから救急車が来ても中々どかない。
つい昨日も「こらぁぁ、早く退けぇぇぇ!!こっちは命がかかってるんだそぉぉぉぉ!!!」という
マイクを通した怒鳴り声が響いていた。

遊びに来てた友人がそれをきいてベランダに出た。
そこで彼は見たらしい。
救急車の上にちょこんと正座して、道をよけた他府県ナンバーを睨んでたお婆さんがいたそうだ。
ビール飲んでるから見間違いかもしれないけど。

とはいってたな。

オカルト [DVD]
オカルト [DVD]
posted with amazlet at 16.09.29
マクザム (2016-03-25)
売り上げランキング: 4,450

 [ 2016/09/29 19:07 ] | トラックバック(-) | CM(0)
はてなブックマークに追加 

カーテンの隙間から男の顔みたいな奴が半分だけ見えてた 

92 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2016/08/05(金) 05:37:09.12 ID:eJuqUVn19
もう20年近く前、自分が小学生だったころの話なんだけども

確か季節は冬。んでこれを体験したときは休日か何かで両親が居る部屋に行ってゴロゴロしてた
んで親と一緒にテレビを見てたんだっけか。でも昼だし面白い番組もやってなくて暇だったからチラっとテレビの右手の壁についてる窓を見たら…んだったかな?

カーテンの隙間から男の顔みたいな奴が半分だけ見えてたんだよね
カーテンは窓の両サイドから真ん中に向けて閉じるタイプのだったんだけど、カーテンとカーテンのその間に顔があったんだわ
でも見えたのは顔だけでその下は何もなかったのを覚えてる。
窓から覗いてるなら多少なりともカーテンは少したわむ筈なんだけど顔しか見えなかった。

その時に俺は母親に「なんか顔が見えてる」って指を指して言ったんだけど二人共上の空で「ふーん、気のせいじゃない」みたいな感じで見向きもしなかった。
確かにはっきり見えてたし幻覚なんかじゃないんだろうけど親が興味なさげだったから大丈夫なのかなって思って数分間見つめ合ってた
んで少し目をそらしてまた見たらいなくなってた

まぁよくよく考えたら窓からカーテンがずれない様に首だけ半分見えるように覗くなんて無理だろうし、第一冬に窓を開けっぱなしなんて普通ない。
んで後で親に聞いてみても、「たまたま近くの人が覗いてただけだって」って笑いながら言ってたがそれじゃ普通に頭おかしい人が近くにいることになるしシャレにならん。
その後はもう見ることはなかった。
今まで経験した謎の一つだわ

短い上にオチがなくてすまん、しかも大分前の話なんでうろ覚えの部分がある。
誰か似たような経験した人とかおらんかな?
とりあえず久しぶりにふと思い出た

現代オカルトの根源:霊性進化論の光と闇 (ちくま新書)
大田 俊寛
筑摩書房
売り上げランキング: 180,674

 [ 2016/09/29 12:01 ] | トラックバック(-) | CM(0)
はてなブックマークに追加 

蛍光緑色のおじいちゃん 

193 名前:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/08/12(金) 00:10:21.65 ID:iXLoUrao0.net
長文だとダメなのかと思い焦ってまとめてすみません。

市役所に婚姻届を出して「よっしゃ、これから皆でご飯食べに行こう!」と夫の家族と出かける準備をしていました。
準備が出来たことを義母に知らせようとすると、電話中。義母の実家の父(夫のおじいちゃんですね)が危篤とのこと。急いで車で向かいました。
運転するのは夫、助手席に私、後部座席に義父母が座りました。

ここで少しだけ補足ですが、その前の年用事があって義母と夫と義母の実家を訪ねました。そこでおじいちゃんにもお会いして「こりゃそろそろ結婚かな、ガハハ」とお祝いムードになりました。
その後で夫が急病で倒れました。一時は危篤状態でICUにもいましたが後遺症はなく、退院しました。

おじいちゃんは「今年は悪いことがなければいいな」と心配していたそうなので、きちんと元気な顔を見せなきゃねと話しており、連休明けにでもご挨拶に伺うつもりでした。

続きます。

 [ 2016/09/28 19:01 ] | トラックバック(-) | CM(0)
はてなブックマークに追加 

場所はあの有名な心霊スポットのI森 

165 名前:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/08/11(木) 01:33:22.42 ID:Npd0yTX3O.net
>>162だけど、ちょっと昔の話を


大学一年の夏のことだ
大学生活にも慣れて、その時つるんでた仲間と肝試しに行こうということになった
場所はあの有名な心霊スポットのI森

仲間と言っても野郎3人組で、その中に一人『自称』霊感持ちがいて、あそこはヤバいだのなんだとテンプレみたいな台詞を言ってた
そんなこと言いつつ、結局ついてくるんだけども

その時の俺としては、その『自称』霊感持ちが一番不安だった
だって、見える見えないは別にして、間違いなく「あそこに誰かいる」とか言い出すし、無駄に恐怖を煽ることを言ってくると思った
俺は零感だけど幽霊は信じてて、それ故に幽霊がいるという証拠が欲しかった
証拠と言っても、万人が納得する証拠じゃなくて、自分自身が「やっぱり幽霊はいるんだ!」と思える証拠が
そんな中で無駄に恐怖心を煽られたら、多分、そうじゃないものを「幽霊」だと誤認しそうで嫌だった
某シリーズで言われてた「恐怖心から見る幻覚」ってやつ
残念ながら俺はメガネじゃないから、それが幻覚か本物かなんてわからないから

ともかく、結局3人でI森に行ってみる話はまとまった

 [ 2016/09/27 19:08 ] 心霊スポット | トラックバック(-) | CM(0)
はてなブックマークに追加 

昼過ぎ頃、突然チャイムが鳴った 

164 名前:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/08/11(木) 00:27:50.41 ID:aWDAmeMQ0.net
昼過ぎ頃、突然チャイムが鳴った
玄関に行き、ドアを空けるが誰もいなかった
それから5分後ぐらいにまたチャイムが鳴り、玄関に行きドアを空けると5歳ぐらいの男の子が立っていた
そして俺の方を指差し「お兄ちゃん見っけ!」と言うとどっかに走っていってしまった。
少々気味が悪かったので玄関の鍵を閉め部屋に戻った
それから少しした後、外から「もういーよ!」と声が聞こえ、数秒後に玄関の方からカチャカチャと言う音とキィーとドアが開く音がした、見に行ってみたが誰も居なかった。

何故か鍵は空いており玄関のドアが半開きになっていた。

呪いの心霊解体新書 (M.B.MOOK)

マガジンボックス (2016-07-08)


http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1470412830/
 [ 2016/09/26 19:05 ] | トラックバック(-) | CM(0)
はてなブックマークに追加 

母方の家系が代々、女ばっかり生まれる家系。 

950 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2011/04/13(水) 04:11:59.38 ID:PFWzsr1+O
母方の家系が代々、女ばっかり生まれる家系。
曾祖母五人姉妹・祖母三人姉妹・母三人姉妹で、私も女だし他の従姉妹まで全て女。
曾祖母より上の人達もそうだったらしい。
だから「長女は婿養子を取れ」という決まりみたいなのがあったが、
母の世代からは別に従ってない。(名を残すべき旧家とかでもないし)

そんな中、去年従姉妹が結婚し、男の子を出産。
何世代か振りの男の子だ!と親戚中えらい騒ぎになったんだが、騒いだのは生きてる人達だけじゃなかったらしい。

従姉妹曰く
「知らない女の人や男の人が、夜に息子の周りで
『男の子だ!男の子だ!』みたいな事を言い合ってはしゃいでる。
夜泣きとか一切しなくて育児が楽なんだけど、あの人達に助けられてる気がする。
試しに『お乳の出が悪いんですが……』と願をかけてみたら、翌日から溢れんばかりに母乳出るし」
とか。
多数の先祖を守護霊みたいな感じにしたという事だろうか。

闇動画10 恐怖の心霊怪奇映像集
(2015-08-08)
売り上げランキング: 44,257

 [ 2016/09/25 19:02 ] 不思議 | トラックバック(-) | CM(0)
はてなブックマークに追加 

家に小さい女の子がいる。花火の日についてきた。 

90 名前:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[] 投稿日:2016/08/04(木) 22:53:08.80 ID:FhLgsgpQ0.net [2/3]
夏になったら思い出す。彼女Aと同棲していた頃の出来事…。

ある川の花火大会にAと行った。花火はとてもきれいで、二人でキャッキャウフフした。
そんないい雰囲気から一転、帰り道でAは突然不機嫌になり理由を聞いても答えない。
自分が何かしてしまったのかと思ったが理由がわからないから謝りようもなく、
こちらもイラッとして別々に電車に乗って帰宅し、そのまま寝た。
翌朝も無口だったのでほっといて仕事へ。帰宅しても不機嫌なまま。翌日も同じだった。
しつこい奴だと思っていたが、Aは日を重ねるにつれみるみる元気がなくなってゆき、目の下にクマがくっきりと出た。
これは何かおかしいと、部屋の隅で体育座りしてふさぎ込んでいるAに、どうしたのか聞いてみた。

A「家に小さい女の子がいる。花火の日についてきた。」と言う。

Aに霊感があるのは前々から知っていたので、小さい女の子がクマの原因であることは理解できた。
俺には見えないし感じられないその女の子を、なんとか祓おうと俺は躍起になった。
肩に塩を振ったり、玄関に盛ったり、お経を唱えたり…いろいろとやってみた。

A「家の中を走り回ってる」

効果がなかった…。

91 名前:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[] 投稿日:2016/08/04(木) 22:55:21.10 ID:FhLgsgpQ0.net [3/3]
すまん、2重投稿になっちゃった。
以下続きです。↓↓

俺「仕方ない、今度の日曜に川にもう一度いこう。なにか手がかりがあるかも。」

そうして日曜日、二人で電車に乗って花火大会のあった川に向かった。ほどなく駅に到着し川まで徒歩で移動中、Aが突然立ち止まった。

A「ここからついてきた」

確かここら辺からAの機嫌が悪くなったのを思い出した。
Aの視線の先には花火の夜には全く気がつかなかった水子供養のお寺があった。
そのお寺は線香が絶え間なくたかれ、沢山のろうそくが灯されていた。大小様々な地蔵が建ち並ぶ光景は異様であり立ち入るのをはばかられた。
入り口で立ち入るべきか悩んでいると、脇から一人の女性がお寺に入っていく。
線香を供え手を合わせ佇む女性の姿を見ていると、
幼くして先立った我が子への想いが伝わってくるようななにか切ない気持ちになった。
そのせいか先程の異様と思えた光景が全く別物に見えて、すんなりとお寺に入ることができた。
二人で線香を供え手を合わせる。女の子にここへ帰るように心の中でお願いし、しばらくして二人同時に顔をあげた。

A「あ、なんか軽くなったよ!」

そう、うれしそうに言うAの顔を見てビックリした。
クマがキレイサッパリ消え、生気のなかった肌もツヤツヤで笑顔が戻った。
あの小さな女の子はなぜAについてきたのだろう。なにか伝えたかったのか。生前はどんな子だったのか。
そんな会話をかわしながら帰途に就いた。

霊なんて嘘つきかメンヘラだろうと思ってたけど、この一件は霊の存在を信じるに足る出来事でした。

心霊物件に住んじゃった
十凪 高志
ぶんか社
売り上げランキング: 22,912


 [ 2016/09/25 07:08 ] 心霊 | トラックバック(-) | CM(0)
はてなブックマークに追加 


おーぷん2ちゃんねる
一言(*´∀`)
今日読んだ記事。


ついったーでマトメダス

リンクとかの事はこちらに
あばうとほんわか2ch
amazon
最恐スポット&心霊地帯探検!!

本当に存在する投稿!恐怖心霊動画第3号

ほんとにあった!呪いのビデオ16

震災後の不思議な話 三陸の怪談

倭国と日本古代史の謎 (学研M文庫)

眠れないほどおもしろい「聖書」の謎 (眠れないほどおもしろいシリーズ)

ニッポンの不思議スポットTHE BEST―決定版 (ミリオンムック 60)

最新記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
カウント取得用